ここを見て決めよう!女性が探す正しい求人の見極め方

育児をする女性が求人を選ぶ際に注目すべきポイント

ここを見て決めよう!女性が探す正しい求人の見極め方

面接

経験を活かして求人を選ぶ

転職を希望する女性の方は、自分の今までの経験を活かして求人を選ぶこともできます。企業が求めるのはどういった人材なのかしっかりと下調べをすることで必要な人材を把握することができるでしょう。求人サイトに店舗情報や企業のホームページを載せている場合もあるので、しっかりと目を通しておくことをおすすめします。

未経験者歓迎の求人先では積極的にアピールできる

未経験歓迎と求人に記載されている場合もあります。その場合は、経験が無くても応募可能ということになりますが、自分の知識や経験をアピールすることができるということでもあります。特に接客の経験がある方はその面をアピールすることでセラピストやネイリストの職につくこともできます。育児をきっかけに退職してブランクがある場合、同じ職業に求人を出すとしても、看護師などの職種によっては手続きや研修が必要になることもあるので気をつけましょう。

自分ができる仕事かどうかの判断ポイント

ただこの職業をやってみたいというだけで求人を選んではいけません。自分がこなせる仕事なのか、成長できる場であるのかどうか判断することも大切です。仕事内容や家庭環境とのバランスなどを目安にして、自分の目的と照らし合わせてみましょう。

求人を選ぶ際の注目点

仕事内容は細かくチェック

事務職やフロント受付の仕事などは幅広い仕事内容があります。書類作成のみの場合や受付対応のみの場合もありますが、その他にも電話対応があったり作業準備があったりとさまざまな仕事をこなす必要がある場合もあります。仕事内容を細かくチェックしておくことで就職後にやりたい仕事と内容が違うなどというトラブルが起きてしまうことを防ぐことができます。

応募資格も確認

エステティシャンなどの求人には、資格や経験が必要な場合や、未経験でもOKの場合があります。応募資格の欄を確認することで見分けることができます。接客経験が豊富な方でも応募できる場合もあるので、気になる求人を見つけた場合は直接連絡して応募資格を確認してみても良いでしょう。

自分の生活に合った勤務時間を

求人を選ぶ際は、勤務時間のチェックも必須です。自分の生活に合わせて選ぶようにしましょう。家事をこなしながら働きたいという方は短時間の仕事を選んだり、子供や夫が帰る時間に合わせて仕事を終えたいという方は夕方の早い時間に終わる仕事を選ぶと良いでしょう。

雇用形態と給与に注目

雇用形態によってもらえるお給料の金額が変わってくる場合があります。正社員は月給いくらと記載されていたり、アルバイトやパートは時給いくらと記載されていることが多いでしょう。アルバイトで希望する場合も、就職後に正社員になる可能性もあることを考え、雇用形態と給与面はしっかりと確認しておきましょう。

通いやすい場所がかどうか

自宅からかなり離れていたり、何度も電車を乗り継いで通わなくてはいけない職場だと、後から通うのが面倒になってしまい長続きしない可能性もあります。育児をする人の場合は、保育所や幼稚園など子供が通う学校が近いかどうかも考えて選ぶことが大切です。

まとめ

自分の就きたい職業を選ぶ場合は、働きやすさに注目して選ぶことが大切です。仕事内容はもちろん、応募資格や勤務時間、給与面や勤務地などをしっかりとチェックすることで良い職場に出会うことができるでしょう。

広告募集中